ウォーターサーバーの衛生管理方法とは

バナー

ウォーターサーバーの衛生管理方法とは

ウォーターサーバーの魅力は、いつでもカルキ臭のしない美味しい水またはお湯が得られることです。


サーバーの水は天然のミネラルウォーターか、ミネラル分やその他の成分を除去した軟水が使用されます。


水道水には消毒用の塩素が含まれているので、カルキが完全に抜けてしまうまでの間は雑菌が繁殖する心配がありません。
これに対してウォーターサーバーの水には殺菌剤が含まれていません。

このため、もしも雑菌が水の中に混入するとすぐに繁殖してしまい、食中毒の原因になる恐れがあります。
食中毒を防ぐために、メーカーは定期メンテナンスの際にサーバー本体の消毒を行い、ボトルの衛生管理を徹底しています。



水の中に雑菌が入りこむ主な原因は、雑菌を含む空気と水が触れることです。

このためウォーターサーバーのタンク内に入る空気はフィルターでろ過され、雑菌が入り込まないような仕組みになっています。



水タンクやサーバー本体内部の衛生管理をどんなに徹底しても、水が雑菌を含む空気と触れてしまう箇所があります。
雑菌と触れてしまう所とは、水の注ぎ口の部分です。

注ぎ口は常に外気に露出していますし、手で触れてしまう恐れもあります。

水に雑菌が入り込まないようにするために、ユーザーが定期的に水の注ぎ口付近をアルコールで消毒することができます。キッチン用品の消毒に使用できる市販の消毒用エタノールを使って、サーバーの注ぎ口(蛇口)付近を拭いて消毒することができます。



水の受け皿の部分にも雑菌が繁殖しやすいので、これらの場所をこまめにアルコールで消毒すると安心です。

Copyright (C) 2016 ウォーターサーバーの衛生管理方法とは All Rights Reserved.